2010年06月09日

出勤前の一仕事

今日も出勤前の一仕事。

今日はズッキーニと大豆を植えました。

大豆は点まきで一箇所に4粒ずつ植えます。
CIMG4771.JPG

ズッキーニは葉っぱが広がるので一メートル四方に一つ植えます。CIMG4768.JPG
なので畝は広めです。

この作業を畝作りから始めるとけっこうな重労働で時間もかかります。出勤前に一日の体力を使い果たして出勤どころではありません。

ですので、時間のあるときに畝を用意しておけば、朝に植えつけと水やりだけで済みます。

それから6月1日に蒔いた一回目のとうもろこしが発芽しました。
約一週間で発芽です。
CIMG4770.JPG

発芽すると嬉しいですね。わーい(嬉しい顔)
今まで苦労した作業が報われた感じがするので。

まだまだ植え付けが残っているのですが、
植え付けが終わると出勤前の一仕事が雑草取りに変わります。
posted by 田舎者 at 10:12| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

体中が痛い

昨日は日曜日だというのにホテルはお休み。
6月はお客さんが少ないのです。

そして私の日曜日は忙しく、

まず、朝6時から区の出払いで、側溝の掃除と草刈り。

そのあと8時半から区民運動会に行ってきました。

区といっても東京の新宿区とか江戸川区などの大きな区分けの区では無く、田舎では市町村の下に細かい区分けとして区を使っています。

私の住んでいる○○区は200軒程の小さい集落です。
その区の下に又、細かい区分けの組があります。

私の所属している組は20軒程で構成されています。
これが最小単位となります。

○○郡○○○町○○区○○○組という風な感じで表します。

その区という単位の200軒程の集落の運動会に参加してきました。

ま、都会で言う町内会の運動会です。CIMG4765.JPG

そしてこれが正しく体中が痛い原因なのです。

日頃、運動もしてないのにここぞとばかりに調子にのって競技に参加してしまいました。

中でも年齢別リレーの40才代の代表に無理やり選ばれてしまったのです。
40才代っていうと40才〜49才までです。すごく幅がありすぎませんか、これ!40才と49才じゃ話にならんぞ。
ちなみに私は49才、他の選手は明らかに私より若いぞ。がく〜(落胆した顔)

しかし、そんな事はいってられませんので、頑張るしかありません。チームの逆転優勝がかかっているのですから。

前走者が頑張って一位でバトンをもらい勢いよくスタート。
しかし、もう少し走れるかと思っていましたが錯覚でした。
走り出してみて現実を思い知ることにちっ(怒った顔)
足が上がらない、前へ出ない、ゴールが遠い。
でも、ひたすら上がらない足を無理やり上げて前に進まない足を前に進ませ、必死で転ばずゴールを目指しました。

後ろからは私より若いピチピチノ40代前半が追いかけてきます。
しかし逆転優勝の為、そして息子の前で日頃偉そうに言っている父として抜かれるわけにはいかないので、必死モード全開で頑張っていまい、何とか一位をキープしてバトンをつなぎました。

そして他の人達の頑張りで見事わがチームが優勝です。

良かった、ほんと良かったハートたち(複数ハート)

そして今日の体中痛いにつながっているわけです。

でも、体は痛いですが、区の行事に参加すると区の人たちと交流でき、知り合いも増えるし友達もできるし、何よりも参加すると楽しいです。

では、今日はホテルに出勤ですので行って来ます。やばい、遅刻だexclamation×2
でも、これからますます体が痛くなっていくと思うので、ホテルではじっとしていたいものです。手(パー)
posted by 田舎者 at 10:16| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らしの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

とうもろこし

ホテルに出勤する前に一仕事。

朝っぱらからトウモロコシの種植えをしました。

今年植えるのは甘々娘(カンカンムスメ)というトウモロコシです。

種はこんなのです。
CIMG4744.JPG

袋にはスーパースウィートハーモニーコーンとかかれていて、
とても甘そうな感じです。

今日植えたのは写真の左側の一畝。

右の畝は6月1日に既に植えてあります。CIMG4741.JPG

これで収穫時期がずらせるので、あと3畝植えて1ヶ月収穫が楽しめるということです。

何も植わっていないようですが、一つの穴に三粒ずつ入ってます。

芽が出るのが楽しみです。

それではホテルに行ってきます。
今日は土曜日なので忙しいぞ。わーい(嬉しい顔)
posted by 田舎者 at 09:39| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

チビの赤ちゃん

久々の登場、ホテルの猫。

昨年6月にホテルに捨てられていた子猫のチビ、この1年ホテルのスタッフとお客様に可愛がられすくすくと育ちました。
CIMG4056.JPG

そのチビが、先月の5月11日に赤ちゃんを産みました。

ホテルに捨てられた時は長靴の中に入って遊んでいる小さな猫で、生後2〜3ヶ月といったところでしょうか?それが1年経ってもう母ですよ。もう、ビックリです。exclamation×2

チビの母親ぶりと超カワイイ子猫を紹介します。
CIMG4733.JPG


CIMG4736.JPG

この赤ちゃん猫、どことなくジョンに似ているような気がします。

ジョンはこれです。右斜め下
CIMG4123.JPG


しかし、ジョンは今年2月の初めからホテルに帰って来ません。
どこでどうしているのやら解りませんが、もし、この子猫がジョンの子どもなら、私達に遺伝子を残してくれたのかも知れません。

なので、何となく似ているような気がしてならないのです。
CIMG4127.JPG

posted by 田舎者 at 23:00| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテルマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

松本クラフトフェアー〜いつものコース

えらい長いこと休んでしまいました。がく〜(落胆した顔)

病気をしていたわけではありません。

相変わらず元気で田舎暮らしを楽しんでいます。わーい(嬉しい顔)

しかし、今年の冬は忙しかった。exclamation×2

スキーの検定試験を受けたり、諏訪地方の御柱祭りがあったりと。

その忙しさが5月初旬に終わってホッとしてしまって、
そのまま今までブログ更新をサボっていました。ふらふら

これからは真面目にやります。でも、またサボると思いますけど。


昨日のことですが、我が家が恒例にしている松本のクラフトフェアーに行ってきました。CIMG4716.JPG

恒例といっても今年で三回目ですが、今年は昨年無かったブースが幾つかありました。
CIMG4711.JPG


CIMG4714.JPG

CIMG4715.JPG

又、食べ物やさんも昨年より出店が多かったです。
CIMG4723.JPG

去年一店だったカレー屋さんが今年は三店も。CIMG4725.JPG

息子のお目当てはカラクリ箱のブースです。
いました、いつものおじさん二人がお店に。
息子はもう、一番前でかぶりつきです。CIMG4718.JPG

店の人に聞きながら一時間くらい遊んでいました。

去年までのからくりは何とか解明できますが、
今年新しく展示してあるものはやはり仕組みが解りません。
毎年毎年よくもまあ考えてくるなぁというかんじです。

その間妻はというとここぞとばかりに一人で買い物を楽しんでいました。
CIMG4720.JPG


そのあと、いつものお決まりコース天然温泉瑞祥でひとっ風呂。
息子は相変わらずここの壺風呂が好きで長いこと入って堪能していました。
ここの壺風呂は信楽焼きでできていて、何とも高級感が味わえます。
しかし、一体いくらするのだろうか?

そして最後はいつもの自然食ビュッフェと思いきや。
「自然食は良いのだけれど食べ放題はどうしても食べ過ぎて腹がもたれる」という妻の一声で今日は却下。
その代わり瑞祥の前にある、無添くら寿司に決定。
ここは無添加らしいです。醤油やガリやジュースも無添加らしいです。

体に良いお寿司らしいです。

それに5皿で一回チャレンジできるビックらポンが楽しみです。
息子がですよ。

今回は6回チャレンジして最後の最後6回目で当たりがでました。
何とか当たりがでて良かった。
「6回目で当たりが出なかったら、もう5皿食べる」と言っていましたから大変です。私達は「もう無理」という状態でしたから。

こんな充実した一日でした。
さて、次の更新はいつになるのかなexclamation&question



posted by 田舎者 at 00:06| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らしの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

新年の餅つき

新年明けましておめでとうございます。

といっても今日はもう7日、ちょっと遅めの新年のご挨拶です。

私の勤めるホテルでは年末年始は大忙し。

毎年、新年の三が日はお客様と一緒に餅つきを行います。

一回に二升で三回つくので合計六升。201001021050000.jpg

体力も年々下降しているので、結構キツイ仕事ですが
それでも初老体にむち打って頑張りました。パンチ

焼いたお餅も美味しいですが、つきたてのホカホカのお餅は格別です。

あわただしい年末年始もアッという間に過ぎ、お客様も帰ってホテルは今、閑古鳥が鳴いています。

大不況の影響でしょうか、今年の冬は今までになく宿泊予約が少ないようです。

冬のメインというとスキーか温泉なのですが、スキーというとやはりお金がかかりますね。

リフト代もスキー場にもよりますが、だいたい3500円〜4500円、食事代もスキー場は高いexclamation
そしてあまり美味しくないバッド(下向き矢印)

ましてや道具をレンタルしたりスクールに入ったりすると一人一万円超ですからね。
家族4人だと○万円ですよexclamation×2

やはり不景気にはこのスポーツは流行りませんね。

ここ数年、スキー場の大多数は赤字だそうです。

このままだとホテルも赤字です。がく〜(落胆した顔)
posted by 田舎者 at 21:51| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテルマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

Merry Christmas

今日はクリスマスイブ。

子供達がクリスマスプレゼントを楽しみにしている日です。

息子はサンタさんにサンダーバード1号の
プラモデルをお願いしていました。

最近、サンダーバードにはまっています。

届くといいのですが。

クリスマスといえばケーキ。

この写真のケーキは息子と妻の共同作です。

息子がスポンジケーキを焼いて、妻と息子ががデコレーションしました。
CIMG4422.JPG


小3にしてはよくやるでしょ。

ちなみにこのイルミネーションは原村ペンションヴィレッジです。
200912232110000.jpg
posted by 田舎者 at 22:07| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らしの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

初滑り

朝、起きたら体中が痛いexclamation

週末に志賀高原に初滑りに行って来ました。200912191404000.jpg
その影響で体中が筋肉痛です。

今年は雪不足と思いきや、先週半ばから日本海側を中心にまとまった雪が降りました。
これでほとんどのスキー場はオープンできたはず。

志賀高原は50〜60cmくらい積もっていました。

中信に比べると北信はやはり雪国だなぁと感じさせる積雪です。

それにしても志賀高原は広いexclamation
たくさんスキー場があるexclamation

今回行ってきたのは、高天ヶ原スキー場と一之瀬スキー場です。
共通リフト券で行き来できるので便利です。

でも、志賀高原はリフト券代が少々高いような気がするのは私だけかな?

ラベル:志賀高原 スキー
posted by 田舎者 at 11:26| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生涯スポーツI love ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

薪仕事

薪ストーブにするなら薪を自分で調達する。
これが基本です。

でないと、どの燃料よりも高くつく薪を買うことになり、
家計は冬の暖房費で圧迫されます。

毎年、薪ストーブのサイズに伐った薪をくれる人はいませんからね。

そして私のライフワークとして薪仕事が追加されました。

まず木材を調達する為に森林を持っている人や管理している人に声をかけておきます。

田舎の人って先祖から譲り受けた土地があって、それが畑や田んぼであったり森林であったりします。

それから工務店や大工さんにも声をかけておいて端材ももらいます。

ペンションのオーナーにも声をかけておきます。

そうすると我が家に木材の情報が集まってきます。

「木があるよ」という声がかかると休みの日にかけつけます。

まず軽トラックにチェーンソーと燃料を積んで現地へ。
それから木を伐り倒し枝払いをして、軽トラックに積めるサイズに小さく伐り軽トラックに積み込みます。

それを持ち帰り軽トラックから降ろしストーブに入るサイズにチェーンソーで伐ります。

それを今度は程よいサイズに斧で割ります。

割ったものを薪小屋に収納し一年間乾かします。CIMG4326.JPG

これが一連の作業です。

書き出してみればただ単なる一連の作業ですが、この一連の作業を体験してみると一言で言って「大変な作業」です。

木は重い、作業は前屈みで腰に負担がかかるexclamation
軽トラへの上げ下ろしや薪小屋収納でも重労働exclamation

そして斧で割るのも一苦労exclamationCIMG3967.JPG

しかしこれをやらねば暖かい家にはならないので頑張っています。

薪を買うなどという行為は、家のローンがズドーンと残っている我が家には無理でございますから。

薪さえ調達できれば薪代は0円です。CIMG4004.JPG
費用としては軽トラックのガソリン代とチェーンソーの燃料費。
そして休みのたびに薪作業をして今のところ来年の薪までは調達できています。でもまだまだ、もっともっと集めないといけません。

しかしこの作業、「何歳まで続けられるのかなぁ〜」と近所の薪ストーブフレンドと話しています。

暖かい冬の為に腰を痛めないように地道に細長〜くがんばるかぁわーい(嬉しい顔)
CIMG3848.JPG
posted by 田舎者 at 11:33| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らしの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

薪ストーブ

我が家の暖房器具は薪ストーブ一つ。
これで家中を暖めます。CIMG2682.JPG

家を建てるときに何故薪ストーブを選んだのかというと、
ただ単に薪ストーブに憧れていたというだけです。

薪ストーブにすると何がどうなるのかということを考えもせずに
ただ薪ストーブにしたかったから選びました。

何故、憧れていたのかというと、火を見て生活したかったから。

キャンプにいっても庭で焚き火をしても火を焚くとそこに人が集まり、暖をとったり会話をしたりして和むものです。

火を見ていると何故か心が癒される気がします。
そんな感じで薪ストーブを導入しました。

さあ、それからが大変exclamation×2

楽観的な私は薪の調達がとれほど大変かなど計算していません。
何とかなるだろうなんて甘かったがく〜(落胆した顔)

寒冷地では暖房器具を使うのが10月中旬から5月前半まで。
そして梅雨の時期もストーブを焚きます。

本格的に薪ストーブを焚くのは11月中旬から3月中旬の4ヶ月間。
その前後は暖かい日は必要ないし、寒ければ焚くしという感じです。

この4ヶ月+αに必要な薪の量を私は計算できていなかったのです。
これは半端な量では有りません。


一年目は家を建てたときの端材とその他もろもろで何とかなるだろうと思っていました。これは私の浅はかな計算です。
端材は確かに助かりましたが4ヶ月+αを燃やすほどありません。

仕方なく薪を購入するかと思い価格を調べてみるとこれまたビックリexclamation×2

ホームセンターで薪を購入すると一束400円くらいです。
少なくても寒い日は一日3束必要だとすると一日の薪代は1200円となります。すると1ヶ月では36,000円です。

ネットで見るともう少し単価が安い店がありますが、それでも他の燃料に比べて高価です。

しかし、救いの手が差し伸べられたのです。
ご近所さんも薪ストーブで、その方も一年目は大変苦労したから気持ちが解るということで、知り合いから譲り受けた薪をそのまま私に横流ししてくれたのです。2ヶ月分は有りました。それも既にストーブに入るサイズに割られていました。

超ラッキーです手(チョキ)
この薪を大切に大切に燃やしました。

なので一年目の冬は何とかギリギリセーフふらふら

そして次の冬の為に次の次の冬の為に薪集めが始まりました。
次回、大変な薪集めをご紹介します。

しかし、ほんと良いですよ。薪ストーブ。CIMG3846.JPG
posted by 田舎者 at 23:43| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎で夢のマイホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。