2008年06月25日

仕事の探し方

田舎の仕事も多種多様です。
農村地では農業、山では林業、漁村地では漁業。
私の住んでいる所は空気がとても澄んでいるので精密機器工業が盛んです。
30分程車で走って里へ下りれば精密機器会社があります。
精密機器といえば時計やオルゴールが代表的ですが、自動車の部品、パソコンの部品等、大きなメーカーから下請け会社までたくさんあります。

他にリゾートホテル・旅館・ペンションの宿泊業。
レストラン・宴会等の飲食業。
それから会社の保養所の管理人。会社の従業員食堂のコック。

冬はスキー場、その他のシーズンは野菜農家の手伝いとか。
スキー場はインストラクターのみならず、リフト係とかパトロールとか売店やレストラン係りもあります。

私の経験では、こちらに住んでしまえば様々な情報がすぐ得られますが、都会に居ながらになるとなかなか大変です。

行ったり来たりするのもガソリン代高騰の折大変ですので、ある程度情報を得て現地に行くという風に計画的に行動したほうが収穫が多いと思います。

情報を得るにはネットで検索、情報提供会社に会員登録しておく等考えられます。会員登録は無料ですので気軽に登録しておけば情報を引き出せて便利です。

以下は仕事探しの情報サイトです。ご活用下さい。


厳選した求人のみを掲載『green』





posted by 田舎者 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

農業という選択肢

こちらで知り合った人で都会から移り住み農業をして暮らしている夫婦がいます。
その夫婦は農家に住み込み農業を学んだそうです。
そして今では自立して農家で生計を立てています。

こういう夫婦が結構いて、それも若い人が多いです。

いずれ私も農業をしたいと考えているので、つい根掘り葉掘り聞いてしまいます。

何故、農業を選んだの?
何故、この場所なの?
どうやって農業を学んだの?とか。

農業なんてやったこともないのにできるわけない!
と普通思いますけど、この人達は田舎暮らしと農業への情熱がとにかくスゴイからできたんだと思います。

今は農業に従事するには良いタイミングかもしれません。
農家が減少し農地がたくさん空いています。
休耕田は土地が荒れ果ててしまうので使いたいと農家では思っていますが、農業をする人がいません。

かといって、いきなり土地を借りて自分で始める事は不可能なので、やはり農家を手伝いながら実践を積むのが早道ではないでしょうか。

私は4年前から野菜を作り始めました。
今は自分達の食べる野菜しか作っていませんが、
毎年、徐々に畑を大きくしています。

今はホテルに勤めているので、こんなことくらいしか出来ませんが、
いずれ仕事の半分は農業にしたいと考えています。

自分で作った野菜ってほんと美味しいですよ!
posted by 田舎者 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

仕事でスキー

私が住んでいる町にはスキー場が有ります。

こちらに来て2年目の冬のある日、スキー場レストハウスでのんびりしていると、
ペンションのおじさんがやって来て、「スキースクールでインストラクターをしない?」と声をかけられました。

私は学生時代に遊びで数回スキーを楽しだ程度で、スキーが特に上手
というわけでは有りませんでしたから、「そんなの無理です、やりません」と答えました。

が、次の瞬間「いいから、おいで」とスキースクールに無理やり連れていかれ、住所・氏名・スキー歴を書かされ、「研修しますので次の○曜日○時に来てください」

「は!私、教えた事も無いし?」

「大丈夫、丁寧に指導法を教えますから」

「はあ」と言う訳でスカウトされました。
(有能だからスカウトされたのでは無いですけど)

駄目そうだったら断ろうと思いつつ、取りあえず研修に参加しました。

何故かトントン拍子に研修が進んでしまい、何の問題もなく終了してしまいました。

「後は実践を積むだけです、頑張って下さい」
「最初は初心者と初級者を担当して戴きますので、今のレベルでも大丈夫ですが、今後、中上級者を教える為に指導と技術面で研鑽を積んで下さい」

という有り難いお言葉を戴いてイントラクターのお仕事が始まってしまいました。

やってみると結構楽しいです。
生徒さんがうまくなっていくのを喜びに感じます。

私自身スキーは楽しいですし、この楽しさを伝える仕事はやりがいが有ります。

このお仕事は冬限定でメインの仕事が休みの日しか出来ません。
という事は、休みの日にスキーの仕事を入れると冬は休みが有りません。これは結構キツイ。

こんな感じで始めてから10年過ぎてしまいました。

その間研鑽を積み、技術的にはだいたいの斜面は滑れるようになりましたが、10年経っても教えるのは難しいです。
一応、指導要領はありますが、その通り上手くいく状況ばかりではありません。
どう説明したら理解してもらえるのか常に考えます。
生徒さんは十人十色ですし、特に癖が付いてしまった滑りは非常に苦労します。

田舎にはこんな仕事もあります。
お金がもらえてスキーが上手くなる。
スキーが好きな人にとっては一石二鳥の美味しい仕事ではないでしょうか。
今では声をかけてくれたペンションのおじさんに感謝しています。



posted by 田舎者 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

ペンションもありかな

仕事を探している時に見つけたのですが、
「レンタルペンションを経営しませんか」というものがありました。

これは自分ではペンションができなくなり、売ろうにも売れないので、
人に貸して家賃収入を得ようという人が広告を出しているのです。

これだと仕事+住宅が確保できます。
興味があったので詳しく調べてみると。

居抜きで二年契約のレンタル。二年ごとに更新可。
居抜きなので鍋・皿・テーブル・ベッド・布団等の必要備品はそのまま使えます。
契約金(保証金)は家賃の4ヶ月分位だったかな(記憶が曖昧です)
家賃は月25万円。

家賃は高いか安いか?
普通の住宅家賃よりは高いですが、仕事付きの住宅なので、
お客さんがくれば安いだろうし、来なければ高いだろうし、
微妙ですね。

でも面白そうですよね。
客商売が嫌な人はできませんけど、そうでない人は考えてみてもいいかも知れませんね。
問題は集客できる立地条件かどうか、物件は良好か、自分自身と家族がペンションという職業をこなせるかということですね。

今まで会社員一筋で商売などやったことが無いという人だと直ぐには無理ですから。

こちらに来てから知り合ったペンションのおじさんと話をしていたら、売りたい、貸したいという人は多いみたいです。
その人も私に「経営指導するから、ホテル辞めてうちのペンション借りてくれない」なんて言ってました。
経営指導や実務指導(料理やベッドメイク)をしてくれるなら良い話だなと思いましたけど。

一昔ペンションブームがありました。二昔かな???
凄く忙しかったそうです。
一年中予約が入っていたらしく、それが何年も続いたとか。
それが今はブームが去って集客は大変だとか。

それでも今から始める人は結構いますよ。
集客が大変だと解っていながら始めるのですから、
それなりに手立てを考えているのだと思いますけど。

潰れる所もあれば存続する所もあり、新規で始める人もいる。
やり方次第では成り立つ職業だといえますね。
やはり始めるなら情報収集が大事だと思います。

ま、家賃がもっと安ければ選択肢の一つに考えてみてもいいかも知れませんね。

posted by 田舎者 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。